MENU

レディースキャッシング

 女性専用のキャッシングでは、窓口での対応、電話での対応のほとんど全てを女性のスタッフがすることが特徴です。
初めてキャッシングを申し込む場合や、審査の際、いかつい男性が対応するのと、女性が対応するのとでは、心理的に大きく違います。
その点でも、女性専用キャッシングは、安心して、気兼ねなく利用できるキャッシングサービスです。

 

 また、キャッシング会社によっては他のキャッシングサービスと比べると利率を低く設定したものもあります。中には、期間限定で、金利が無料になるサービスを行っているキャッシングもたくさんありますのでお得にキャッシングが出来ます。

 

 審査も、他のキャッシングよりやや緩いものが多く、そのおかげで、定まった収入の無い、パートや、専業主婦でもキャッシングが可能です。

 

 女性専用のキャッシングの特徴はこのようなものが挙げられます。ただ、スタッフが全て女性と言っても、延滞が続いたり、居所が分からなかったりすると、
男性のスタッフが対応する場合があります。

 

 くれぐれも、信用を落とすような、延滞などはしないようにしましょう。女性専用のキャッシングですから、当然、男性はこのサービスを利用することはできません。

 

 

 

 

 

 

 

専業主婦、アルバイトのキャッシング

 

 キャッシングは、パート、アルバイト、学生、未成年でも利用できるのでしょうか?ほとんどの消費者金融や銀行では、18歳から20歳以上で定職に就いており、定期的な収入がある人なら
正社員、アルバイトの区別なく誰でもキャッシングを利用できるようになっています。

 

 ただし、パートやアルバイトは、サラリーマンなどと比べると、金利が高めに設定されたり、融資限度額が低く抑えられたりする場合があります。

 

 とは言え、最近ではフリーローンが多く利用されるようになった事もあり、上記のようなパート、アルバイトの不利は是正される方向に進んでいます。

 

 専業主婦のキャッシングの場合も、ほとんどの銀行、金融機関では配偶者の職業などによって審査が行われますので、利用可能の場合が多いでしょう。女性向けの、レディースキャッシングもありますので、相談してみましょう。

 

 実際にキャッシングを利用している人の中心は20歳代から40歳代の方が多いようです。使用目的も、給料の前借、デート費用から、生活費の足しにまでおよび、
今日では、半数以上の人がキャッシングを利用しているという実態があります。一昔前のローンのイメージとは違い、気軽にお金を調達できる手段として、一般的になりつつあります。

 

 

 

 

 

 

 

専業主婦でもOKのキャッシング

 専業主婦でも、突然の出費はあるものです。むしろ、専業主婦の場合、水道光熱費などの支払いや冠婚葬祭など、直接お金をやりくりする立場にあるだけに、
ピンチに陥る可能性は高いのかもしれません。
しかし、定まった収入がない専業主婦に、キャッシングは出来るのでしょうか。また、配偶者や家族に知られたくないキャッシングはどうすればいいのでしょうか。

 

 最近のキャッシングには、女性専用キャッシングというものがあります。これは、女性を対象とした、キャッシングで、対応するスタッフがみんな女性という安心のキャッシングです。たいていの場合、銀行ローンでは融資してくれない、専業主婦や、パートの人でもキャッシングがOKです。

 

 キャッシングの審査に通ったら、「在籍確認」が行われます。これは、申込書に書かれている内容と、申込者の生活実態が違っていないかどうかを確かめる作業です。
通常、キャッシング会社の担当者から、確認の電話が入りますが、その際には、個人名でかかってきますので、本人がキャッシングを申し込んだことが、家族に知られる事はありません。
その点は安心ですね。

 

しかし、いくら家族にはナイショのキャッシングでも、お金を借り入れる事に違いはありません。出来る事なら、家族と相談してからのキャッシングが望ましいですね。